5年くらいダイエットを続けているひと

週に1度のヨガの後、毎回その日の参加メンバー数人とランチをして帰るのだが、今日は久しぶりに参加するご婦人が居た。お話が上手で朗らかによく笑い、私は大好きな人なのだが、ランチの最後のデザートはパスをするという。聞けばダイエット中とのこと。そのセリフ、前のランチの時も聞いた。たぶん私が覚えている限り、5年くらい前からそんなことを言っている。ずっとダイエットを続けているのだろうか。

かくゆう私も、趣味はダイエット、特技は太ることだ。世の中には生まれて此の方、一度も太ったことはないという人もいるようだが、私は物心ついた頃からぽっちゃり体型、健康優良児というやつだった。ぽっちゃりとか健康などというと聞えはいいが、かつての写真を見るとかなりパンパン、デブだ。自分が太っている、恥ずかしいと気が付いたのは思春期の頃で、それ以降、ずっとダイエットを意識しているような気がする。件の女性は私に比べればずっとスマートだと思うし、ダイエットなんてする必要はなさそうに思えるのだが、その心がけがスマートな体型を維持しているのだろうと思う。

悲しいかな、子どもの頃から太っていた人は、普通の人より脂肪細胞の数が多いという。大人になってから太るというのは、細胞1つ1つが肥大化することだが、成長期に太ると脂肪細胞の数が増えるのだ。元々脂肪細胞の数が多く太りやすい私は、常にダイエットを意識していても、ちょっとぽっちゃりの今の体型を維持するので精一杯なのだ。と書いていたら、後ろを通りかかった夫につっこまれた。言い訳はするな、キーボードの横にあるそれはなんだと。大好物のエクレアだが、それが何か。