ヘッドハンティングされやすい職種ってどんな職種

企業が自社の業績をアップさせるために行う戦略の一つに、「ヘッドハンティング」と呼ばれる手法があります。これは多くの人が知る通り、「他社で働いている優秀な人材を自社にスカウトする」という方法ですが、職種によってある程度、「ヘッドハンティグされやすい・されにくい」ということがある模様です。
これらが行われやすい職種として、最も多いと言われているのは「営業職」ですが、では何故、この職にヘッドハントが盛んに行われているのでしょうか?



まずその理由を考える前に、他社からヘッドハンティングされやすい人=仕事が出来る人とはどんな人材か明確にしてみましょう。

給与計算システム TimePro-XG 給与 | アマノ株式会社

この仕事に出来る人に共通する事柄の一つとして、「性格が明るくて前向き」な性格の人物が多いということがあります。明るい性質で物事を前向きの捉える人とは、一緒に仕事をしても楽しい気分になりモチベーションも上がるものです。こういう性格の人の周りには良い人材が集まり、結果として仕事も達成しやすくなります。こういった理由から、明るく前向きな人はヘッドハンティングの対象となりやすいのです。

わかりやすい中小企業と就業規則 | 愛知県

先に挙げた「営業職」は、基本的に人と会って話をする職業でもあります。そのため、性格が分かりやすく、取引先の担当者から「この人と同じ会社で仕事をすると楽しいだろうな」と思わせることに繋がります。そしてその結果、ヘッドハンティングされやすいと言うことが出来るのです。